2018年10月17日

MARUI M&P9L DETONATOR CUSTOM SLIDE



デトネーター製のマルイ M&P9Lポーテッド用カスタムスライド


マルイS&W M&P9LポーテッドにRMRを取り付けるには
カスタムスライドが必要になります

マルイ純正スライド用のアダプターのようなパーツが市販されているのか?
詳しく調べたわけではないので、もしかしたら市販されているかもしれませんが・・・


私の場合はRMRありきで大好きなマルイM&P9にマウントしましたが
Rサイトを外してアダプターを介する取り付けの位置が満足出来ず

そこで『ポーテッドならOKじゃないの!』と思ったわけですがダメでした


本当は純正のABS樹脂スライドに軽量のブリーチ(ピストン)
を組み合わせたかったのですが、観賞用のリアルタイプも見てみたいので
好奇心に毎度負けてデトネーター製のスライドを買っちゃいました
(他のカスタムパーツは揃えていないので今回はM&P40カスタムのフレームですが・・・






毎度のことですがアルマイトの『黒』に拘りがあり

緑色っぽいとか紫色っぽいとか明るいグレーだったりとかイヤなんです


昔の話ですが知人のマルイM&P9にデトネーター製のカスタムスライドを
取り付けた時にその緑色っぽいグレーにはビックリし、
そして私自身が過去にマルイHK45にデトネーター製カスタムスライドをと
買った時にも同じ『みどるり色』

HK45の時はセラコートしちゃいましたがー

過去にKSCのHK45のスライドは良い黒色だったんですが、
USPコンパクトも微妙に『みどるり』だったりしてアルマイトの黒が信用出来ませーん


輸入元の写真では黒く見えてもそうなのですから頭イタイわけです
購入時に現物を自身の目で目視確認しないとイカンのです

出不精な私は毎度の通販ですが色を確認してもらって購入しましたー


届いたスライドはアルマイトなのか塗装なのかわかりませんが『真っ黒』であります



ヤッタァーーー!!







いきなり完成ですがいくつか注意すべきことがあります

○ Fサイトがアリミゾにリアルに噛んで横からスライドして組み込む
こいつは微妙にカタくて(力が必要)キズをつけないように注意が必要です

○ ローデイングノズルのリターンスプリングの位置が横になり
しかも長くなっていて組み込む時に飛ばしやすいこと

私はビヨヨ~~~ン!!と見事に飛ばして30分ほども捜索してしまいましたw
先端の樹脂製のガイドというのか、アレが勢い良く飛び視界の彼方に消えますので注意です
(掃除したキレイなお部屋で作業しましょう~

○ Rサイトの固定スクリューが何気にカタい(トルクがかかっている)
のでスクリューのアタマをナメないように注意です

それ以外はドコかを削ったりすることもなく組み込めます

精度に定評のあるデトネーター製はサスガですね







やはり質感は段違いで高価な買い物をした価値はあると思われます





スティール製の別パーツとなり動くエキストラクターは良いものです

私の個体は少しカジり気味で動きは「渋い」です、あはははっ









刻印は美しく入っています

ガーダー製では深堀のところもレーザーで入れたような凸凹でしたが、
デトネーター製はカタ~いビットで切削しているのかキレイです












スライドにピタッとマウントされたRMRは良いです

オープンサイトももちろん使用可能でコレでこそ!なのであります

ちなみに実銃ではイロイロと対応するアダプターがあるみたいです

画像はプロシリーズみたいです(微妙にスライドのカットが違いますね

マルイのM&P9Lのカスタムスライドにはプロシリーズもあるんですけど、
私は個人的にパフォーマンスセンター刻印のにしました(カッコイイから





フレーム側はトリガーや内部パーツも含めてカスタムしたいところです

しかしなぁ~~~~こうなると撃つのがモッタイナイと思ってしまうんですね~

『貧乏性』が買う前に出るか買ってから出るか

毎度毎度の買ってからという・・・しかし今回は後悔はありません(たぶん






  


Posted by Domino251  at 20:00Comments(0)M&P

2018年10月17日

マルイ S&W M&P9Lポーテッド




東京マルイのS&W M&P9Lポーテッド

マルイさんのM&P9は非常に撃ち心地の良いトイガンでBB弾を撃って遊ぶには最高~
そしてカスタムパーツを使うことで更なるポテンシャルアップから
ディティールアップして質感も含めてリアリティーあるものにも変化します

GLOCKからの近代オートの流れを汲むものであり、
そのオリジナリティーやら設計、特許などなど置いておいて
今となってはオートといえばこういうタイプが主流ですよね(実銃の話

ポリマーフレームであったりストライカー方式であったりなどなど・・・


各個人が何に対してプライオリティーを置くのかで選択肢も変わると思いますが、
まず第一に必要なのは日本ジーンの我々としては「トイガンとしてモデルアップ」されていること


私としては東京マルイさんが何故!?このモデルアップを決断したのかが気になります


~まぁ~~そんなことは置いておいて









箱出しでもソコソコの質感もありASGK刻印(マルイ刻印含めて)を気にしなければ
BB弾を撃って遊ぶということを優先事項とすれば素晴らしいトイガンとしての完成度を感じます





シリアルプレートは実銃を模したQRコードみたいなプリントもあります






新たにトリガーストップもフレームに取り付けられました

このあたりも含めてカスタムパーツのトリガーなどに交換するのも楽しそうです


実射でもこのトリガーストップの有無は効果があり
精密射撃から速射までトリガーフィンガーを助けてくれる感じがします








パームスウェルはパフォーマンスセンターデザインになり
その効果は未知数ですがアクセントにはなっているようです(たぶん





マグベースもパフォーマンスデザインとなり
Vカスタムの時と同じようにスペアマグ用にオマケされています





このトイガンの本命であるオプティカルサイト直付け

ノーマルではマルイ純正プロサイトの対応で
残念ながらレプリカのRMR含めて取り付けは出来ませーん

以前のブログでマウントをRサイト部分に取り付けM&P9(40)RMR仕様にしましたが、
やはりピストル、トイガンの射撃距離や射撃フォームの対応も含めて
出来る限りローマウントしたいので有難いものです

ってかマウントの高さが数ミリ違うだけで10m以内の射撃とかで相当違いますよねー


コレぞ!という仕様なのであります


私の会社の同僚がマルイプロサイトを取り付けたM&P9Lを
見せてくれましたが、そのエイミングに違和感は全くありませんでした

マウントを介して取り付けた私のM&P9(40)では
首を上下に動かしてしまいエイミングに毎回違和感を感じていましたし
ソレに慣れちゃうと逆にフォームもガタガタになり肩こりとか頭痛とか出そうです(想像の範囲


私的にはレーザーエイミングが一番!あっはっはっ




オプティカルサイトをマウントしてバックアップにもなるハイサイト

私は個人的にはコイツが大嫌いなんですが見慣れれば気にならなくなるかもしれませんw


まぁ~どのみちキャリーガンとしてIWBホルスターへ入れるわけもなく、
私自身もそういう使い方をするとも思えないのですケドね、あはははっ

エアソフトガン本来のBB弾を撃って遊ぶというアイテムであります


マルイさん純正のこのサイトはなかなかに仕上げも精度も良さそうですヨー

しかしながら安心丈夫な鉄製のカスタムサイト切望~であります!!


何処かで発売してぇ~~~~~~





GLOCK34の時も思いましたが笑っちゃう顔です


いつ見てもどれ見てもカッコ悪いというか間抜けというか・・・

コレも慣れなのかもしれませんねー個人的にはG34よりは良いかもー






東京マルイさんのパッケージですけどイイ感じですよね





メタリックな箱の中にはいつもの付属品が入っています







ルックスも良く実射性能もナイス!
カスタムパーツも豊富となれば多少のアバタもエクボなのでしょうね

イロイロと楽しめそうであります






まずはリアル化カスタムをしてみたいと思いますー
  


Posted by Domino251  at 11:43Comments(0)M&P

2018年10月04日

GLOCK19 RM06 & XC2



最後の『全部乗せ』

ゴチャゴチャと取り付けると以外に重いですー






私のINCOGはRMRカットとかではないので実は入りません(撮影小物

ダミーカートは以前に買ったRIPという凶悪な弾丸で
ソリッドブラスのブレットがインパクト後にバラバラになって散るという最凶悪弾です

XC2はレーザーとライトが別々には点灯出来ないというレプリカのほうが機能的だったり・・・

乱視のワタシにはダットサイトは滲んでしまって見難いとか・・・


なんというか・・・まぁ~・・・
全部乗せてはみましたがブログ用の『今回限り仕様』ですね、あっはっはっ

撮影後はRMR外してXC2外して素グロック19に戻りました










このRMRのレンズの反射色が良いんですねぇ、一服して何気なく鑑賞しても
首を縦横に動かして色の変化を楽しんだりして、首が痛くなっちゃいます

冗談ですけどそれくらい眺めちゃう美しさです

RM06はドットサイズが小さいのでピストルにはダットの大きなRM07が良さそうです










いろいろ試してはみたものの・・・



最後はノーマルみたいな結局一回りして元に戻る




気付けば毎日机の上に置いてあるのは
S&W純正コンバットストックのついたM66 2.5インチだったりして





Trijicon RMR 十分に堪能させて頂きました、電池液モレがコワいので電池も抜いてー
アメリカンディフェンスのマウントに戻してクローゼットの住人になりましたとさ

MROと仲良く並んで鎮座しております覗く角度でキレイなレンズ反射はステキ・・・



  


Posted by Domino251  at 18:00Comments(2)GLOCK

2018年10月03日

GLOCK 19 & Trijicon RM06





今回もDCI GUNSさんの直付けマウントを使用して取り付けました

KJ19ベースなのでマルイグロック用を使いました、
横からアリミゾにスライドさせて入れるM&P用と違い
上から置くだけなので取り付けがラクです

ガタもなく精度は出ているので1本の固定スクリューでも安心感があります

そして、マルイM&Pでは取り付けるとRMR固定スクリューの位置と
Rサイトのミゾの関係で後ろ側が突き出していましたがグロックはそんなこともなく

装着した姿はバランスが良い感じです







もう少しでマルイのG19も発売されますが楽しみですね、
マルイグロック系はBB弾を売って遊ぶトイガンとして、
またカスタムベースとして非常に面白みのあるトイガンなのでワクワクしてきます

実際にBB弾を撃つならば樹脂スライドが良いと思っているのですが、
ノーマルスライドの形状でRMRをスライドに掘り込んで取り付けられたらサイコウなんですよね

カスタムスライドはチューナー系というかハゲしい外見のスライドばかりで、
そうしたカスタムスライドでないとRMRをスライドに埋め込めないのが残念です(個人的な意見


『RMRカット』なるINCOGのホルスターもあったりするので、
G19やM&PにRMRは面白そうなんですね、ソソられてしまいます




RMRタイプのレプリカは完成度も高そうで使用に十分耐えると思われますが、
実物のレンズの美しいマルチコートだけは再現されず(レンズが一番オカネかかる所ですからね

綺麗なグリーンからオレンジへと表情を変える実物の存在感は素敵なんです


毎回、この部分にヤラれてしまい買っちゃうという・・・


写真撮る時もソコが大事でわざわざ白い紙やら反射用の白い紙(カタログだとかー)
で角度を変えたり何度も位置を変えたりして撮ってます、あはははっ

拘るところが何か違う気はしますがソコが私のブログ特異点であります







久しぶりにダットサイト覗いていますが私自身が老眼と乱視進行~
ダットが綺麗な○に見えないんですねぇ~~~~あっはっはっはっ

矯正視力のコンタクトレンズもメガネも乱視矯正しないとダメな時がきてしまったようです・・・


シューティングレンジによっては使用不可能なレーザーサイトですが、
私個人的にはダットサイトよりヤッパーレーザーエイミングですかねぇ~

そうなるとXC2とかのほうが合っているような気もします(乱視さえなきゃあなぁぁ~


トシはとりたくないよなぁ・・・近頃はお酒飲むと翌朝体がダルいんですよね、肝臓もヤバいのか・・・



  


Posted by Domino251  at 15:00Comments(4)GLOCK

2018年10月03日

マルイS&W M&P Trijicon RMR




トリジコン RMR RM06をマルイM&Pに取り付けてみました

DCI GUNSからマルイM&P用のマウントが発売されています

3000円く程度のパーツですが3Dプリンターを使い精度もソコソコあり、
樹脂製ですが強度もあり軽いのは魅力です・・・

ただ、樹脂自体は白っぽいもので黒塗装されているらしく押し込むと塗装がハガれて
下地の白い樹脂が出てしまうのが残念です

樹脂自体を黒いものにすれば良いのでないかと思いますが・・・


私の装着した実際の状態では削れて白い下の樹脂が丸見えになりました、
撮影の為に黒いマジックで隠してあります、あはははっ



それとRMRの位置決めをする凸がなく2本のスクリューで固定するのですが、
これには少し???ですね、位置決めの凸を成型時に設計してほしかった・・・



あくまでも私の個人的な意見ではあります、素人のヨタ話ですよーあっはっはっ!!


使う方はガッチリと固定しましょう~











次はグロック19にでも取り付けてみたいものです

DCI GUNSではマルイグロック用もパーツが発売されていますし、
KJグロックはマルイ準規ですし使用可能ですしね

しかもマルイグロックはRサイトは上から入れるのでパーツをグイッと左右にスライドして
カスタムパーツの黒塗装が削れることもなく綺麗に固定出来そうですね

本当はG34とかに似合いそうなんですけどね、私はマルイのG34は持ってないんだなぁ~

VFC製のG34は持っていますがー



そういえば巷でアナウンスされているようですが今度発売されるUM○RE○ですか!?
GLOCK正規ライセンスとかって・・・以前に売っていたものよりも刻印は退化しているようですよね・・・





UM○RE○さん、日本のガンマニアをナメちゃいけませんよー






あああああ、遠く吠えなのはわかってるんですけどねぇ、残念な製品ですねぇ・・・






私はG19についてはKJベースのカスタムを使わせて頂きます



















  


Posted by Domino251  at 00:24Comments(0)M&P