2019年01月11日

Neuhausen



Neuhausen とも呼ばれているそうです

SIG P210


私が能書き垂れる必要も無いでしょう名銃ですよね


コレはマルシン工業のガスガンです
8mmBB弾という思い切った製品から6mmBB弾になったモデル

何種類かバリエーションがあるんですが、コレは『ディープブラック』


ABS樹脂にメッキされた黒仕上げで『軽い』ですケド見た目は良いです






私はこのモデルを手にするのは初めてです

MGCのモデルガンがあり最初のABS製ブローバックモデルだったとか・・・

最近リメイクされたモデルガンも出ているようですが、
このマルシン工業のものは『リアルサイズ』なんだそうですよ!

ってことは実銃グリップ取り付け出来るのかいな???


以前(と言っても私にとって20年以上も昔のこと)
コンバットマガジンでNickノザキ氏のリポート記事で
イチロー・ナガタ氏のP210を見ました

元々は1982年の5月のものなんですが、遅咲きの私はバックナンバーで見てます


『なんでこんなのがそんなにスゴイのかねぇ~???』


というのが偽らない最初の印象です好きになりませんでした、
CZ75は雑誌で見て一目惚れしましたがP210には???


でも、今になって眺めてみると、確かに美しい造形と手にした時の存在感は素晴らしいです




ただ・・・マルシン工業のモデルアップはP210-6というもので、
製品はプラ(HW樹脂で重い)のチェッカータイプのグリップ付きです

私のイメージはやはりコンバットマガジンのミゾの入った木製グリップ



そこでーーー




コレまた私は初めて手にする『KSDGRIPS』

実銃用ですが少し加工すれば取り付け出来ます
マグキャッチに干渉する部分の削り加工が全てですが
フィッティングとしては簡単な部類かもしれません

実銃はスプリング鋼!?の薄い一枚板なんですが、
マルシン製は亜鉛ダイキャストで厚みがあり、その逃げを加工するのですが、
上側とマガジン挿入口側もマグキャッチが動けるように削ります

当初、マガジン挿入口を加工しなかったら、マガジン入れられなくて、
ブログ写真を撮っている時にはマガジン入れてからグリップ取り付けて誤魔化してます
(入ってるマガジンが抜けない状態)

写真撮った後にマガジン挿入口側をヤスリでゴシゴシ削りました

彫刻刀とリューターがあると時間はかかりませんが、
マガジン挿入口側は外から見えるので左右均等にするのと仕上げに気を使いますね

MGCやクラフトアップルのモデルガンは専用のグリップが出ているようですね、
ぜひクラフトアップルさんかMULEさんに発売して欲しいところです



マルシン製のこのガスガンにはカスタムパーツで
『スライドストップ』と『鉄板のマグキャッチ』があれば嬉しいところですが、
出るんでしょうかねぇ・・・・発売して欲しいなぁ~~

欲を言えばステンレス製のアウターバレルやハンマーとか・・・


それとトイガン刻印は旧KSCみたいに見えないところにお願いしたいです、
刻印のあるスライド(いやいやフレームですね)右側には押し出しピン跡!?みたいなのもあり
リアル派の諸兄にはキツいですかね、あはははっ


まぁ、木製グリップに交換するだけでも雰囲気はありますね、
セイフティーのSとFに色入れたほうがイイんでしょうけどメンドーなので今は放置







・・・SIG P210買うとは思いませんでした・・・






ノイハウゼン~~  


Posted by Domino251  at 03:33Comments(2)etc

2018年12月18日

S&W Perfomance Center MODEL 327 R8




357マグナムを8発撃てる不恰好な拳銃

タナカワークスがどうしてこのモデルを選んだのか聞いてみたいところですが、
最近(けっこう前かな)になってVer.2化され再販されていました

私も以前のものを持っていましたが
なぜにこのブサイクなものがモデルアップされるのか不思議であります


個人的にはツールとしてのポテンシャルに魅力を感じますが、
スタイルに対して全く好きにはなれませーん


ではなぜに買ったのか・・・

久しぶりにS&Wパフォーマンスセンター純正の実物グリップを買ったから、あはははっ




8連発を示す刻印も、なんというか独特・・・

357マグナムのダミーカートが現在は6発しか持っていなので2発足りません


・・・どうなんですかねぇ~??

カッコいいんですかね??


一時『ブサカワ』なんて言葉がありましたがソレですね



タナカVer.2お得意の点々刻印ですが無いよりも、そしてトイガン表記より良い物です

実銃はステンレスモデルがあったのか知りませんが、
現在のS&Wのページではシリンダーとバレルシュラウドはタイタニウム
フレームはスカンジウムで654.9gという軽さです(タナカは600g)

最近ではトイガンも実銃も同じような重さになりましたよね、
モデルによってはトイガンのほうが弾丸を含めないと重かったりもしますよね








パフォーマンスセンター純正実物グリップ

以前はイーグル製でしたが今ではアルタモント製(たぶん)になっています

製品のクオリティーコントロールなのかコストなのか不明ですが、
正直に言っちゃえばイー○ル製品は民芸品クオリティーなんでS&W正解ですよね

私は本当は民芸品クオリティーのイー○ルグリップのほうが好きなんで見つけたら買いたいです







独特のスタイルバランス








  


Posted by Domino251  at 22:36Comments(4)リボルバ

2018年11月27日

マルイ S&W M&P 小技




マグロ19を買ったけれどもカスタムする必要性も感じずバシバシ遊べます良いトイガンです

サイトくらいは交換しようかなぁ~とか思いつつも『高いなぁ~』とか
実物光学機器とか考えれば比較にならないんですけどマグロだと思ってしまう・・・

不思議なものであります



なんとなくヒマというか時間が余っちゃって酒ばかり飲んじゃうので
明るいうちは手を動かしてマルイM&Pに小技を使ってみましたー
(ブログ書いてる今は片手にテネシーウイスキー あはははっ





『ハァ!?』という感じですが
リコイルスプリングガイドのアタマの飛び出しを減らしてみました


サイバーガンのM&Pのころから気になっていた
『スライド先端からのバレルとスプリングガイドの飛び出す量ってか長さ』

サイバーガンは両方ともほぼツライチ

マルイは両方とも飛び出ている


S&W実銃M&Pはというとガンプロ誌やらネットで見る画像を参考にするとー


『バレルは飛び出している』

『リコイルスプリングガイドも飛び出している』



だからなんだというわけですがコノ微妙な寸法がリアルの分かれ道(たぶん



サイバーガンはバレル延長出来なかったんで今でも気になります
マルイはバレルの飛び出しはナイスな感じですがー


『リコイルスプリングガイド』は飛び出スギ~


アタマを削ればOKですけど表面処理を再処理必要~コレは面倒クサ~い





ガーダー製のカスタムリコイルスプリングガイドは3ピースなんですが、
このパーツを削ったり掘ったりして短くしました、コレなら表面処理は温存ラクチンチ~ン

というわけさー




話が長い割りになんでもない小技です、リューターとヒマな時間10分あれば完成~

ガイドロッドの後ろ側を削って短くして、その分をアタマ側のストッパー!?
みたいなヤツをホジくって自由長はほぼ同じ長さを確保という引き算的な感じ
鉄ヤスリとリューターがあれば、ただゴリゴリガリガリ







M&P40もVカスタムもテイクダウンレバー&スライドストップは
ガーダー製にアップデートしました雰囲気最高です

眺めても『ココが出すぎだよなぁ~』と呟くこともなくなりました酒が美味い!



コレですよコ・レ・



M&P40なのに撮影小物に9mmパラベラムでしたね大失敗ぃ~あははははー

・・・ガーダーさんマルイM&P Vカスタム用FDEフレームパーツ発売してくださいね、
ノースイーストさんVTACサイトだけじゃなくてM&P用トリジコンオリジナルサイト待ってます  


Posted by Domino251  at 19:33Comments(2)M&P

2018年11月13日

マルイ GLOCK 19



東京マルイがG19発売しましたね

スルーしようかどうしようか悩んでいる最中に『再入荷』でポチッ!!



流通価格で13000円ほどで買えるガスブロでコレほど良いものはないでしょう(個人的見解






なかなか良い雰囲気のパッケージ

前回のポーテッドもですけどマルイのパッケージには好意的な印象が持てます


『外箱なんてカンケーないよー』と私のようなマニアは思うものですが、
現在のガスブロ市場ではモデルガンマニアではなくサバゲイマー含む新世代ファン層!?

そういうトコロだと思うんですけどSHOPで見てもネットショッピングでも
『商品』としての魅力の追求も必要な時代になったのかなぁ~とか思ってしまいます

実際にはどうだか知りませんけどね、あはははっ



過去に購入して届いたトイガンを開封する時に外箱に目を留める

そういうことは無かったと思うんですが、タナカの最近のパッケージといいオシャレですよねー



ってか話なげーよ



退屈でヒマな休日の午後を使いブログアップする不幸せなジジィなもんでスイマセ~ン





まぁ~箱から出してみて感動することもないんですね、
ごく普通のマルイさんのガスブロ出ました、本当に普通の無感動なヤツ



・・・しかし・・・



それは逆方向から考えると『気になるようなところはない』という製品完成度の高さ

ソレを感じさせているのかもしれません










細かく見てみるとイロイロとあるんでしょうけど

最近発売されたリアルさが減退したにもかかわらず、
ロイヤリティーを価格の1/3ほど乗せて高価格でG○○CKとUマ○○クスで貪るー


イヤイヤw


スター○アー○○時代から折れるハンマーの凸も改良されてないらしいw
ア○じゃねーとか思っちゃいますが過去の仕様で安く買えた幸せを噛締めましょう~


あっはっはっはっ


その発売から少しでマグロ19発売とかタイミング的にもナイスなんですが、
ソレって計算済みだったんですかねー!?お~~コワイコワイ



あんまりイヤミ言うとブログ削除されちゃうかなー権力ありますからね
(って私のブログなんて目にも入らないだろーけど






マグロ19のディティールに拘るリアル派マニアも居ないでしょうし、
私個人的な感想でも『コレで良いんだよね』です


今後、キラ星のごとくカスタムパーツが出てくるでしょうし
発売中のカスタムパーツに適合もあるでしょうしアナタの思うがままになることでしょう~



カスタムベースガンとしてのマルイ製品の地位は日本一であるのは
私自身疑いもありませんしその恩恵を十分に受けています




マルイさんありがとぉーーーーーーー(勝手に懐柔されていくワタシ





カスタムパーツがごとく別パーツになったエキストラクター




ピンもモールドじゃなくなりました





スライドバックプレートも別パーツです

過去製品の使っているうちに色がハゲてダイキャスト露出!
そういうこともなくなりましたナイスですねー





Fサイトは最近のというか実物のネジ留め以降のタイプのモデルアップ

グロック実銃も当初はハメこんで接着だったようですがこの仕様に更新されてたみたいです






毎度のトイガンセイフティー

そのうちガーダーさんからシリアルプレート出るでしょうから、
そうしたらリアルポリマーフレームと共に買いましょう~

マルイの純正フレームはどうも手触りが塗装されたソレのベタ感・・・
サラッとしたカスタムフレームの手触りやリアルな刻印は欲しいところであります
(その他にも1つ理由があるんです、後で記述





リアルになった(モールドがね)マガジン

マグベースをカスタムパーツにしたいところですが、
分解するのにG19マガジンはウエスタンアームズみたいな2本ピン
に仕様変更されているので面倒くさいんで今回はパース、あはははっ


なーにしろマルイはマガジンが他社に比べて安価で入手もし易ので
スペアマグ調達がフトコロにも精神的にも優しいんですよね

5~7センエーンもして取り寄せでいつ届くのかわからん海外製品にアドバンテーージ!





BB弾撃って遊ぶのに同じくマルイM&Pは良いんですケド

スライドを引くときの(初弾装填)感触の『ガッッシャッ!!』
ハンマー起こすときの抵抗感がキラいなんですけど、マグロはそういうのが無い

『ガッッシャッ!!』がー『ガシャッッ!!』その違いなんですねー


アウターバレルの上向き加減がG19っポイ感じ





G19には一番似合うXC1

先程のリアルフレームの話ですけど、
マグロG19はトリガーガードの幅が微妙に厚い感じ(左右幅)

XC1のスイッチが干渉する(擦れる)んですね、ガーダー製のリアルフレームや
スタークアームズファミリーでは無かったコトです


しかしながら実銃G19用のカイデックスホルスターも問題なく使えます




私の大好きなコイツにも問題なく入ります

シュカッ!と気持ち良くドロウ可能です






マグロG19はやはり想像したとおりの良品でした『迷ったら買うベシ』


今後はインナーバレルやパッキン
シリアルプレートが出たらリアルフレームとか更新は自由自在!

カスタムする楽しみは続きますよねー


ベースガンとしてのベンチマークであり新たなるマスターピースの登場を感じます




今回はイヤミジジィの私にしてはホメすぎかな、あははははっ

























  


Posted by Domino251  at 15:48Comments(2)GLOCK

2018年11月07日

MARUI S&W M&P9L 完成~



マルイのM&P9Lポーテッドのフレーム完成しました

最近発売されましたが、ガーダー製のスライドストップ待ちー
で、カミングスーンから待ちましたがやっと発売!




テイクダウンレバー、スライドストップ、セイフティーレバー
トリガーにマグキャッチも全てガーダー製です




ガーダー製のテイクダウンレバーは高価ですが、
表面仕上げが良く色合いも実銃に近い感じです









最近発売になったガーダー製の鉄板プレスのスライドストップ

実銃と同じく焼き入れされたカタいものでリアルです

特にカスタムスライドにした場合に鉄製の『ゲタ』
ノッチ強化のパーツとの相性も考えれば良いもので価格も納得出来るレベル


セイフティーレバーは正直なところエッジがあり、
個人的にはカドを丸めたいのですが、その後の仕上げを考えると・・・
以前はマルイ純正を削ってセラコートしたんですが面倒臭いんでそのままーあはははっ

1911みたいにステンレス製のカスタムパーツとかあればナイスなんですけどね!







質感と存在感があります、良いカスタムパーツです







イジってしまうと鑑賞派マニア系な私は実射用から離れてしまいます、
結局のところ観賞用のコレクションになってしまいました

実際にBB弾撃って遊ぶためのマルイM&Pのはずが3つとも同じ結果に・・・

リアルフレームとシリアルプレートは1コづつ余ってるし純正パーツもゴロゴロ・・・



毎回こうなるんですよねぇ~懲りないんだよなぁ・・・












  


Posted by Domino251  at 11:34Comments(2)M&P