2021年08月31日

Wilsoncombat Compact Grips Cocobolo Starburst



ウィルソンコンバット純正グリップ ココボロ スターバーストパターン




アメリカ製のグリップに多いプラ製のブリスターパッケージ

351MCPというのが製品管理番号のようです

WA製の「センチネル」に取り付けるわけですが、
ウィルソン純正のグリップにもフルサイズ、コンパクト、センチネル
の3サイズがあります


センチネルではなく「コンパクト」


WA製「センチネルはセンチネルじゃなぁあああいいっ!」



ご覧の通りでウィルソンコンバット コンパクト用がピッタリです


Wilsoncombatの新しいアイコン 新型のメダリオンです

以前はWAがライセンス契約で実物メダリオンを使っていたので、
センチネルの純正ダイキャストグリップにも旧型の実物メダリオンがついています

センチネル自体がいろいろありますし発売時期や製造時期・・・新型メダリオンも似合うでしょう






このグリップ『も』製造はHOGUE

私のところではいろいろなブランドのグリップがありますが、
メーカー、カスタマイザー含めてブランド違いでもグリップはホーグばかりです

ホーグの品質は素晴らしいので文句はないんですけど、なんだかなぁ~


ウィルソンコンバットの以前のグリップはキムアーレンズ氏製作の時もありましたね





細かいことですが、グリップスクリューもシリーズ70用から
ミリタリータイプの1911用に替えました、前回と同じくエラン製です

スロットが細くてマット仕上げというスクリューにまで拘る品質はスゴいですよね






前回のエスメラルダもこのウィルソン純正も厚みは標準タイプ

握った感じは良いのですが、センチネルの性格からして、
シンタイプ(薄いヤツね)を取り付けてみたいところです

実銃ではグリップスクリューブッシングとスクリュー交換が必要で
ものによってはグリップに付属しているんですが、
WA製には取り付け加工はキビしいので、ソコが問題ですね




写真撮っててなんかに見えるんですよね、『伊勢海老』

私は海老は車海老が大好きで伊勢海老はあまり好きではありません、
揚げたての伊勢海老を食べた時の幸せを思い出すとヨダレが出ちゃいます

久保田の万寿でも飲めたらもうサイコーです、天婦羅食いに行きたいなぁ~~~~



いつになったら自由に出歩けるようになるんでしょうか・・・












ウィルソォォオオオオオオオーンンンンッ!!!!!  


Posted by Domino251  at 23:43Comments(2)1911グリップ

2021年08月24日

Wilsoncombat Sentinel



WILSON COMBAT SENTINEL

WA製のウィルソンコンバット センチネル

SCW限定試作ということで何度か(2回くらい?)販売されたようです

丁度この発売当時は私はリボルバと実物グリップ熱で1911系は疎遠で
詳しいことは良く分からないのですがネットで見ていると、
WA ASGKのフレーム刻印が私の物と同じ後ろ側と以前の実銃シリアルNo.のところ
の2種類あるみたいなのと

フレームの真鍮製グリップスクリュースタッドを入れる台座の寸法
これも2種類あるみたいです(私のは凸が低くてそのままで実銃用グリップがOK)


ディティールから想像するに私の物は2回目以降の生産品のようです


非常に手が込んでいて(後加工がイッパイ!)素晴らしい製品です



中古品で購入しましたが、ほぼ新品同様です

現在ではWAマグナ1911系は中古品も値下がりせず、
私の物も発売当時の定価と変わらないものでしたがプレミアム価格というほどではありませんでした


私はスリーホールトリガーが好きではないので入手後にトリガーは
WA純正のロングトリガーに交換しました(サイズはラージサイズでした)

グリップもメッチャ重たい亜鉛ダイキャスト製のグリップでしたが、
これも好みで木製に交換しました

それ以外は内部パーツのバリ取りをしてルブ(潤滑油塗布充填)しただけです





キャリーカットとでも言うのでしょうか、スライド先端を削り薄くしてあります
外見上の一番のポイントにもなり他の1911コンパクト系より個性的

特にリホルスターやIWBでその良さを感じます

WAでは機械加工で美しく再現しています




SENTINELの刻印も深くてハッキリ機械で彫り刻印されています

ちなみにセンチネルとは歩哨や番兵みたいな意味でキャリーガンの名前にはピッタリ
ダンウェッソンでもガーディアンなんてありますが、それぞれメーカーも考えますね




ブッシングレスのバレル

元々はデトニックスが1911を切り詰めてクリエイトしたもので、
現在ではコンパクト系カスタムはこの仕様が多いです

コルトには失礼ですがオリジナルのオフィサーのブッシングは
その寸法やいろいろで精度を上げるにも不向き、コスト的にも好かれていませんね

真っ黒ケ具合がなかなかです、個人的にはチェンバーも黒くしたいですね



そのチェンバー(カバー)はメタルチェンバーが標準のようです

亜鉛ダイキャストは磨いてもすぐ曇ってグレーになっちゃうのが痛いところですね






ウィルソンオリジナルパーツがフル装備されています

ウィルソンといえば当初はS&W製フォージングのキンバー加工スライド&フレームで
1996シリーズを発売してカスタマイザーからメーカーになりましたが、
センチネル発売当時のトリガーガード内側の加工跡など見るとキンバー製のころからみたいです

とても種類も仕様も多いみたいで最近のウィルソン製(どこで製造してるのか自社なのか知りません)
のスライド&フレームやパーツの仕様もあるみたいです





マガジンも専用でフレームのハイグリップ加工も後加工です

本当に手が込んでいて素晴らしい製品ですね






グリップはエスメラルダのココボロ製

外枠の有るデザインがオシャレです、直筆のサインとシリアルが書いてあります

エスメラルダ氏(さん)は女性のカスタムグリップメーカーで
父親が木製品の職人だったとかでその流れで木製品加工のプロになり、
少数生産の素晴らしいカスタムグリップを製作しています

とても素晴らしい品質でそれに見合うようにグリップスクリューも
エランさんのシリーズ70用を使いました、ピッタンコでフィットします




グレード的にはスタンダードな普通のココボロのものですが、仕上げが美しいです

毎度のうす~いウ〇〇色のWA純正ピンがイヤなのでガンスミス忍者のピンに替えています





最後にセンチネルの仕様についてなんですが、ネット検索しても新旧いろいろあります、
フレームサイズにも種類があり、センチネル(一番小さい6発)
コンパクト(オフィサーズサイズの7発)そしてプロ(フルサイズの8発)

それに合わせてマガジンも3種類あるようです




これが本来「センチネル」というオフィサーズサイズを
更に切り詰めたフレームでマガジンキャパシティーは6発


グリップスクリューとピン位置を見るとよくわかります


そして


オフィサーズサイズのフレームでボブテイル風に丸いオシリだとかもあったりして

こいつが7発マガジンでWA製と同じですね

他にもいろいろあるみたいですが、WAがモデルアップした奴が
グリップやらマガジンやら汎用性もあるので良いのではないかと思います

センチネルサイズだったら専用になっちゃうので実銃グリップの着せ替えはツラいですねー

WA製もグリップを切らなくてよい程度のボブテイル風の丸いオシリだったら最高でしたね
(WA製はカドがあり、それが掌の中なんでグリップした感触はイマイチです・・・





スライド右側も刻印も無くてスッキリしててなんかカッコイイです

ふふふふふ・・・コレでミッチローゼンのオフィサーズ用ホルスターが使えます!







  


Posted by Domino251  at 14:00Comments(2)1911グリップ

2021年08月19日

1911 Grips Spalt Myrtle Burl




GUNCRAFTER INDUSTRIES Fine 1911 Wood Grips

50GI口径で有名なガンクラフターインダストリーズのカスタムグリップ

自社のカスタムガンに合うようなさまざまなグリップがあり、
定番のアルミ製にGIマークのものなど多数ラインナップされています

これはスポルト マートル バール

マートルというのは月桂樹系の木でそれのスポルトの入った瘤材の部分でコントラストの強いものです

黄色とコゲ茶色の模様が家の庭に出入りする「サビ」のノラ猫みたいです、
現物を最初に見て「猫だ」とか思ってしまいました


『うっわ、コリャぁ失敗しちゃったかなぁ…』と思いましたがー

しかし取り付けて見慣れるとコレはコレで独特の強烈な個性があります




どうしてこういう不思議な模様のチョット変なのが好きなのか自分でもよくわかりません








ナイトホークカスタムはアパレル商品も多いんですけど、
どうも本業とか含めてライセンスの関係でアパレルといえども日本へは直接販売してくれません

アメリカに友達がいれば買ってもらって送ってもらえば、
グリップとは違って輸入許可申請は必要ないので助かります







  


Posted by Domino251  at 15:41Comments(0)1911グリップNighthawk Custom

2021年08月19日

1911 Grips Spalted Pecan



ガンクラフターインダストリーズのファインウッドグリップ

紅い猫RRさんがこのスポルト杢を「水墨画のよう」と表現されていましたが、
日本ではこういう杢目のことを「墨流し」と言うようです、まさにそのとおりなんですね

キズや虫食いから菌が侵入して時間と共にこうなるらしいんですが、
『菌』この場合はカビでしょうか?なんとなく考えると怖い気もしますが
そのままではなく処理されてからグリップになるので大丈夫ですよ、あはははっ

寝かせておくとこのようになり、適当なところで処理(薬品で煮るのか?お湯か??焼くのか???
乾燥をさせるそうです、そうしないと浸食が止まらずボロボロに朽ちてしまうのだそうです


グリップ素材は現在では普及品はG10やラミネートが圧倒的に多く、
2極化が進んでいて天然木製は高価な高級カスタムグリップが豊富にあります

素材によっては、例えば化石のマンモスの歯の輪切りなどは、
樹脂で固めてもモロくて実際の射撃の衝撃で割れたりなどなど
実銃の世界でも「観賞用」みたいなコレクション向けのものもかなりあります

ガンメーカー純正もアメリカ本土でも高価格でコレクターズアイテム化しています



私は好みのガンの種類もグリップの好みも少し変わっているので、
こういうグリップがツボります






プロのツールであるヴィッカースタクティカルには似合わない感じですね・・・



ラリーさん&ケンさんに怒られそうな組み合わせです(トイガンですからぁー





アメリカからの買い物なので送料などなど一杯買った方がオトクなんで、
一緒にナイトホークカスタムのロックグラスも買っちゃいました

コレで酒を飲みながらトイガンを肴にするわけですねー

まだまだ暑いんで飲むならビールなんですけどね







「水墨画のよう」と思って見ているとそう見えてくるから面白いです

黄色系のグリップは黒い銃に良く似合いますね







ナイトホークカスタムのブッシングレンチも買ってみました

実際の分解は指で簡単に取れるんですけど雰囲気でー









Tシャツも買っちゃいました、コレはいい感じです

背中側には大きなナイトホークマークがプリントされてます





もうヒトツのほうのマートルバールはコントラストが強すぎて、
取り付けるとなんとなくネコ系というか犬系というかペットみたいな雰囲気になるんですよー

ちょっと意味不明な表現ですけど、取り付けた瞬間に家の庭を歩いているノラ猫思い出しました



別の買えばよかったかなぁ~とか思ったりして・・・失敗したかも







  


Posted by Domino251  at 01:09Comments(2)1911グリップNighthawk Custom

2021年08月18日

GUNCRAFTER INDUSTRIES Fine Wood Grips




50Giをクリエイトしたガンクラフターインダストリーズ

今風の1911カスタムやグロックの50コンヴァージョンの他にも
CZ系のカスタムも得意みたいです

そして自社ブランドのグリップも多数あり、珍しい銘木、美しい木目の
カスタムグリップも魅力的です

今回は前回のGIの時に気に入ったグリップを2つ購入しました

いつものように輸入代行をしてもらって買ったのですが、
このご時世やオリンピックのこともあるのか、届くのになんと2カ月!

こっちからアメリカに送った荷物は1週間で届いたりとデタラメです・・・






Spalted Pecan

「スポルト」とはギター好きな方はご存じだと思いますが、
木材のキズや小さな虫食い穴などから菌が侵食して
自然の描いた黒っぽい線模様の出ている材料です

焼き物の世界のワビサビみたいな景色を楽しむものなんだそうです、よ!?


これは放置すれば広がり度を超すとボロボロに材料が腐ってしまうので、
適当なところで処理して商品化するのですが、そこの見極めが難しいそうです(受け売り)

近頃のハイクラス1911カスタムでも多く使われていて、
コンバットマガジンの表紙や記事に出ていたナイトホークカスタム マスターエディションにも
メープル材のスポルトのグリップが使われていましたね

「Pecan」は食べ物のピーカン豆の木です、日本ではグリップ素材でほとんど無いですね





当初から気になっていたのが「誰、何処の製作なんだろう?」ということで、
届いてみれば見慣れた裏側と彫り刻印です

日本でも馴染みのあるグリップの老舗で製造されているようです、
そこの記載はなく、あくまでも「GI」と彫ってあります







Spalt Myrtle Burl

こっちは「マートル」という日本であまり聞きなれない種類です
月桂樹系の木材の「Burl」瘤の部分にスポルトで色の極端なコントラストが出ています




これも製造はH〇〇〇〇みたいですね、上のと同じです

ハイエンドカスタム人気と個人のカスタムグリップメーカーも少ないですし、
他にもいろいろなところのグリップを製造してるみたいです(ウィルソンも製造はココですね)



私個人的には裏見た時に「H〇〇〇〇製じゃん・・・書いて無くてもわかるわーーー」

まぁ、その分というわけではありませんが材料や木目、クオリティーに比べて安く感じます

ほぼ日本では見ない珍しい材料のグリップで面白いです





WAのナイトホークカスタムには下側の穴を深くしないと取り付け出来ないので
取り付けた状態はまた次回ということでー

ではまた


  


Posted by Domino251  at 13:06Comments(2)1911グリップ