2018年04月24日

SUREFIRE XC2-A



SUREFIRE XC2-A

去年のショットショーアナウンスから欲しかったXC2ーA

最近レプリカも発売されたりして気になっておりましたが、
実物入手出来ました



XC1のパッケージとは違い質素なカードボードの箱に入っていました




中身は本体と取説、電池とレンチ

アメリカで450ドルという金額ですが探してみるとアチコチでディスカウント販売されています

日本国内では販売者が販売目的で輸入することがNGな製品なのと、
アメリカ本土からの日本への輸出規制などがあり、
個人が個人的な趣味で代行業者にお願いして買わないと入手出来ませんので、
手数料を含めて割高になってはしまいますが、久しぶりにテンションの上がる製品です


このところ腕時計に興味を奪われていた私ですがXC2-Aは財布の紐が緩みました





ニッケル電池が付属していますが中華製・・・
コレが我が日本製だったらどれほど嬉しかったかと思いますがー

シュアファイアの製品なので信用することにしましょう、再充電が可能みたいです




XC1とは違いエイミングするレーザーがあるのでガッチリとマウントするために
マウント用のスクリューが追加されているのですが、それ用とエイミング用の
エレベーション、ウィンデージスクリュー用の2本のレンチも付属しています









レーザーユニットが追加されて少し厚みが増しています

しかしながらそれでもコンパクトで本当に小さいです





XC1では前側のマウントスクリューのみで銃に固定するのですが、
XC2ではその後ろ側にマウントスクリューが追加されています

ガッチリと固定されエイミングが動かないように配慮されていますが、
いかにも後付のカンタンな方法にアメリカ製品を感じます

個人的には確実で良いと思いますが、このあたりは価格を考えるとどうなのかなぁ~と・・・








XC1より少し複雑になり厚みが増していますが、見事なほどにコンパクトに完成されています

レーザーがX400などに比べて銃口に近く、これは素晴らしいことで
飛距離の短く弾道の安定しないBB弾のトイガンではX400系に比べて的に当て易いです

実銃の世界でも距離によるエイミングポイントの変化が少なく使い易いと思います


この辺はDBAL、SBALやビリジアンは優れていて、
TLR-6もライトとレーザーのマウント位置を逆にすると良いと思います

シュアファイアでも新しく出てくるモデルではレーザーが銃口に近くなるようです






やっぱり一番似合うであろうGLOCK G19にマウントしてみました

残念なのはXC1専用のホルスターには入れられなくなることで、
XC2専用ホルスターを買わないとイカンということですね・・・

お気に入りのG-CODEのINCOG(XC1用)に入りませーん・・・



それも心配する事もないんですね、G-CODEで既製品というかオーダー可能!

さっそくXC2用をオーダーしておきました、
ドクロベーのパッチやデカールのオマケがまた入っていることを期待して待ちますw

マグキャリーはナシで一番安い組み合わせー
しかしながらフェデックスの67.98ドル!の送料が・・・・・・



最終的に日本円で16000エーンほどになります(現在のレート)

一緒にG42&TLR-6用にG43用を買おうか悩みましたが、
金銭的な理由で断念しました、あははははっ


XC2を購入したら専用ホルスターも欲しくなるのは人情というものです(そうなのか!?



SUREFIRE XC2ーA

可能性を感じる新世代のアイテムという感じですね




もうすぐGWですねーーー
  


Posted by Domino251  at 19:21Comments(4)GLOCKetc

2018年04月10日

S&W M65




気付けば4月

人によっては新生活スタートですよね



私自身は先日、歯が痛くなって歯医者さんに通う日々ですが、
このトシになってくると歯の大切さが身にしみてきます

私の母は80近くなりましたが現在でも自身の歯が1本足りないだけという人で
その遺伝子を継いだからなのか私自身もインプラントだとか入れ歯だとかとは縁が無く
食べることに不自由はありませんが、それでも時々歯が痛みます

それは常日頃の私のメンテナンス(まぁ~歯磨きですね、あはははっ)
が悪いということであり善処しなければならないことではあります


トシを取れば取るほどに自身に対してオカネがかかるものですが、
このトシまで歯医者さん以外には縁も無くありがたいと思う今日この頃・・・

そうでもなければファッションやらトイガンやら趣味にオカネが使えませんからね

私が趣味に投資出来るのは、バ○でも丈夫なカラダに産んでくれた両親のオカゲかもしれません、あっはっはっ







歯じゃないですが、トイガンにもメンテナンスは必要で当然のことながら遊びっぱなし
撃ちっぱなしでは痛む一方でいずれボロボロになってしまいます

ガスガンはそのパワーソースがガスということで
火薬を使う実銃やモデルガンとはメンテナンスも違いとてもラクですよね



ところでー


タナカワークスが近頃リボルバの再販やVer.2による刻印のリアル化などなど
注目すべきなんですが、このM65もVer.2化して発売されないでしょうかー

そうなったらM13ジュピターとM65欲しいんですけどねー


メッキ仕上げ(黒も銀も)と木製のグリップという組み合わせは眺めて満足する組み合わせですね




季節の変わり目は寒暖差や仕事環境の変化などなど・・・

ストレスも多く疲れる時期ですね、皆さま どうぞお体ご自愛くださいませ









  


Posted by Domino251  at 18:21Comments(2)リボルバ

2018年02月06日

S&W M66 コンバットストック



S&Wコンバットストック

現在では木製のグリップは少数派になりました



本来、武器である銃器に美しさは無縁のようでもありますが、
道具というだけではない存在感を求めることもあるはずです



S&W社純正の南米のハードウッド(ゴンカロ・アルベス)製のカスタムグリップは美しいです











服装や腕時計、鞄や靴、筆記具に至るまで私にとっては趣向のベクトルは同じです

その造形美や質感、眺めて美しいものに惹かれます


私自身が自己の容貌容姿に自身が気付かぬ劣等感があるのかもしれませんが、
面食いでカッコイイものや美しいものが大好きなんです

S&Wコンバットストックは過去に何個も持っていましたが、
飽きっぽくて購入や売却を繰り返し、今回のものも久しぶりに購入しました

既に製造されなくなって長い年月がたち非常に見つけにくく、
今回のものも競り合いって想像以上の高額な買い物になりました、あはははっ


タナカのM66も中古を最近購入しました、
ジュピターフィニッシュですが『ほぼジャンク品』を安く買いました

ガス漏れまくりトリガー引いてもシリンダー回転しないの『ほぼ置物』あっはっはっ







ブライトリングブランドを譲り受けた先代の社長のアーネスト・シュナイダー氏が
フレッチェトリコローリの公式時計の入札に応じ
1983年にフレッチェトリコローリの公式時計として発表されました


画像のこのモデルはイタリア空軍のアクロバット飛行隊フレッチェ・トリコローリの記念モデルで、
1995年に部隊の40周年記念モデルとして発売されたもので
発売時から少しマイナーチェンジがなされツルピカになったりあちこちに白枠が追加されたり
賑やかになった文字盤は最初のモデルに比べて市場に媚びたような雰囲気もあったりします


これが1983年当時のフレッチェトリコローリのオリジナル

似て非なるものというほどに雰囲気が違いますよね・・・


私はこの腕時計の部隊のマークの三色の矢のデザインが腕時計全体のデザインに
マッチングしているので気に入っているわけですが、ブレスレットはやはりルーローブレスレット!

クロノマットにはルーローブレスが一番似合うと思っています



トイガンだか腕時計だかなんの話だかわからなくなりそうですね、失礼しました
(ルーローブレスレットをどなたか譲ってください宜しくお願いします)



散財生活自体は一生変わらな~い 困ったもんだ



  


Posted by Domino251  at 12:45Comments(4)リボルバ

2017年12月28日

HK45C ファイナル






VFC製のHK45Cカスタムの2つ目も戻ってきました

タクティカル仕様のバレルを切り落とし
HK45コンパクトに仕様変更して細部にまで手が入っています

オラガバニストのあじゃさんにカスタムをお願いしました






クルセイダー製のカスタムパーツで
気になっていたトリガー基部の厚みも解消され
トリガーフィンガーに当たることもなくなりました

亜鉛ダイキャストという弱い材料故の肉厚だったわけですが、
クルセイダーのカスタムパーツは実銃と同じ基部はスティール
トリガー部分はポリマー製というもので素晴らしい仕上がりです




ちなみにコレがVFC純正のダイキャスト製のトリガーです

この基部の厚みがトリガーフィンガーに当たり不快なんですね

当初セラコートして仕上がっていましたが、カスタムトリガーに換装してもらいました

セラコートしてもらったのにモッタイナイんですケドね・・・




コレが実銃のトリガーです

HKパーツなど見ているとUSPなどと共用出来るパーツみたいです

実銃画像を何枚も見ていたり、KSC製のHK45に比べて
カーブがキツいような気もしますが、実銃を手にしたことが無いので
実際に実銃と同じなのか違うのかはわかりませ~ん


VFC製のHK45Cには必須のカスタムパーツかと思われます







1つ目はシリアル~789

以前ブログにも載せましたがフレームのシリアルプレートもカスタムされています




コレはフレームのトイガン刻印をブラストで落とされています





サイトは実物のトリジコンです

白いプリントが『キモ』なわけですがデリケートで
当たったり擦れるとハゲちゃうという取り扱い注意品・・・

もちろん実銃は気にもしないのでしょうけどトイガンマニアの私には大問題

こちらのHK45Cは革のホルスターには出し入れ出来ませ~ん あはははっ








シリアル~788

先にセラコートとカスタムをしてもらった固体で撃って遊ぶのは主にコッチ





コッチはポン付けのロビンフッドタクティカルのカスタムサイト

トリジコンレプリカですが刻印がレーザーなのでハゲません

実物と雰囲気は違うのですがオススメのパーツです
ホルスターに気兼ねなく出し入れ出来ます




ビリジアンのC5はHK45Cにはベストチョイス




HK45Cは久しぶりに熱くなったトイガンでした

海外ではVFC製のフルサイズ(HK45)あるみたいなんですが
日本国内への発売はどうなんでしょうね・・・私個人的には欲しいところです

スリムタイプのスライドストップとLEMキットが出たらイイのになぁ~~







それでは皆様 よいお年をお迎えください

今年1年どうもありがとうございました
  


Posted by Domino251  at 20:33Comments(4)H&K

2017年12月11日

12月ですね





ネタなんてないんですが・・・





ブランパンなんて知る人ぞ知るみたいな腕時計

パティックとか欲しいと思ったりしますがサラリーマンな私には身分不相応
いやいやブランパンでも十分に身分不相応なわけですが少し背伸び

薄い手巻きの金時計ってジジィ専用というかなんというか・・・

このトシになるとこういう時計がハマるというかなんというか・・・



今となっては50の大台に乗りジジィそのもの・・・お爺ちゃん手前かという私

『その時計似合いますねぇ~』なぁ~んて若いムスメにお世辞を言われるほど(ウソ
この時計がマッチしてきました




しかし、手巻きという毎朝巻かないと止まってしまうという面倒臭いヤツ




裏ブタがガラスになっていて美しい機械が見えるんですコスモワールド




腕にしちゃえば見えないわけですが腕時計にはこの『裏スケルトン』ってのが多いんです
自慢の機械(ムーブメント)を見せたいわけですね(私は細かいものを見るがツラくなってきました








ジャパンが誇るグランドセイコー』


年差10秒という高精度なクオーツ(電池で動くやつね)
毎朝巻く必要もないという手間要らずな良いヤツ


最近グランドセイコーをブランド独立化とかでSEIKOがGSになっちゃった

同じ時計も新型がGSロゴになっちゃうので当時急いでムリして入手しました

個人的にはSEIKOロゴのほうが良いと思いますが、
どうなんでしょうねぇ・・・

しかしこの時計もジジィ専用ですよね、あははははっ








全然ミリブロじゃないんですけどね広告表示消したかっただけですゴメンナサイ



  


Posted by Domino251  at 00:43Comments(4)etc