2018年08月14日

S&W純正 Banana Stocks



S&W純正 バナナストック

見た目がバナナに似ているのでバナナストックと呼ばれていますね、
スムースとチェッカーがありJ、KLフレームのRバット用のオーバーサイズ

スクエアバット用はターゲットグリップと呼ばれていますよね


材料はウォールナットやゴンカロ・アルベス、他にもあるようですが、
この南米のハードウッド 『ゴンカロ・アルベス』


当時は供給量も多く比較的安価だったためにウォールナットの代替品として使用されましたが、
その加工性の良さや強度、そしてなによりも木目や色合いの美しさで人気者でした


現在では産出国の伐採や輸出規制などなど、地球規模の環境問題により
流通量は限定されてしまい姿を消しました


本国アメリカでも希少品となり入手が難しいグリップとなっています


多数の個体が日本にも流通していて10年前くらいまでは色合いや木目を選び、
予算と相談して入手出来たものでしたが、現在ではなかなか売っているのを見かけません

ほぼ、ガンマニアの秘蔵品となったか、本国へ帰国してしまったのか絶滅に近いですね



私自身は過去に何個か所有していましたが全て手放してしまいまして、
なんとかコンバットストックとバナナを1個は手元に欲しいと思っていて、その希望が叶いました




私にとってS&W M66 2.5インチはマスターピース


タナカさんにはVer.2のジュピターフィニッシュでM66 2.5インチと
M65 3インチを売り出して欲しいと10年以上願っていますが出る気配も無し、あはははっ





個人的にはもう少し力強い色合いと木目のものが欲しかったんですが、
選択肢は無いので仕方ありませーん

しかも既にソリも出ていて取り付けるとスキマが・・・でも問題なしコレで満足です!





S&W Banana


S&W純正ストックに始まりS&W純正ストックに終わる・・・


味がありますねぇ





  


Posted by Domino251  at 10:52Comments(6)リボルバ

2018年08月13日

1911 Exotic wood Grips



EXOTIC=外来、外国産などに使う言葉ですが、
ウッドグリップやレザーホルスターでは特に珍しいものや魅惑的なものに使われます

銘木(レアウッド)であったり、レザーではクロコダイルやオーストリッチなどなど・・・



銃器の世界も他に漏れず芸術性や美しさを求める人達がいて、
実用性や耐久性を犠牲にしても美しさや希少性を求めます

木製グリップは過去のものとなりつつありメイカーの純正装着もポリマーや
ウッドでもラミネートやケミカルという耐久性がありローコストなものになりました

現在ではウッドグリップの世界は芸術性や希少性に特化されてきた部分もあり、
1970~90年代に比べるとエギゾチックウッドのカスタムグリップが増えてきたような気がします







おそらくメイプルバールではないかと思われますが良い材料を使っています
名のあるカスタムグリップメイカーのものであれば、250~300ドルしそうな品物です

「名のある」なんて書きましたが、購入時にメイカー名の記載がなかっただけで、
私自身は相当昔から知っているグリップメイカー製のものであると思っています


この上側の独特のシェイプが『1911Grips』のものではないかと思う根拠です

以前から1911のエギゾチックウッドのカスタムグリップメイカーで、
材料に特化したスムースタイプばかりで、その材料はスゴい種類があります

なによりも価格は他のところよりもリーズナブルで魅力的なんです


今回、前から何度もお世話になっている方から購入したのですが、
私自身は10何年も前から実物を見てみたいグリップ(カスタムメイカー)でした
(思い込んでるだけで別のカスタムグリップメイカーかもしれませんがー


実物を手にしてその品質や完成度はバッチリでした!
価格から考えたらスゴイものです、ハッキリ言って「安すぎる」


クレ○グ・ス○ーゲル氏のエギゾチックウッドグリップはそれはそれは見事でしたが
1/6ほどの価格でこの材料木目色合い、完成度は素晴らしすぎるというものです


まぁ~~じっと見ているとキモちわるいという気もしなくも無いですが・・・あはははっ
こういう木目は個人的なスキ嫌いが出そうですよね、バール(瘤)材は微妙~

私個人的にはウォールナットのマーブルケーキのような美しい木目が好きで、
今になってスピーゲル氏のグリップを売っちゃったことを後悔しています・・・(毎度のこと








現代1911キャリーガンに似合うカスタム『エギゾチックウッド』グリップですね、
キンバーやSIG1911などにスパイスを効かせるアイテムです






ウッドグリップって、ヤッパいいなぁ~~~




  


Posted by Domino251  at 12:31Comments(4)1911

2018年06月18日

PRAVDAさんのマルイS&W M&P9用強化パーツ



GUNSHOP プラウダさんのマルイ S&W M&P9用のオリジナル カスタムパーツ


テイクダウンレバーはスティール製
スライドストップはノーマルパーツをメッキしたような感じのパーツです







マルイ純正の亜鉛ダイキャストパーツより強度もあり、
なによりも仕上げの質感がリアルになります

ダイキャストパーツの黒仕上げは弱く白化してしまいます、
ホルスターに出し入れしたり頻繁に指で触れたり、
また箱に入れて放置していても酸素に触れていると劣化しますよね

テイクダウンレバーはスティール製で強度もあり頻繁な分解組み立てにも不安はありません
その黒仕上げも実銃の雰囲気が出ている感じで鑑賞派にも満足出来るものです

価格的にも2980円というもので交換しないテはありませんー




スライドストップは勝手な想像で恐縮ですが黒メッキ仕上げのようですが、
ダイキャストの黒仕上げに比べてメッキのほうが強いのは当然ですし、
黒々とツヤもあり、マルイ純正に比べ実銃の鉄プレス品の雰囲気が出ています

一番飛び出ていてスレるところでもありホルスターの出し入れでもスレるところですね
このパーツが黒メッキになることは良いのであります
(個人的には鉄プレスでカスタムパーツが出て欲しいんですけどね)

価格は3980円とカスタムパーツとしてリーズナブルです


両方のパーツは絶対にハズせないというほど良いものでした


コメントで「ともさん」「あじゃさん」に教えて頂きまして知る事が出来
入手する事が出来ました、とても感謝していますありがとうございます



マルイS&W M&Pのカスタムの完成度が一気に上がった感じです







マルイS&W M&P恐るべし・・・

ノーマルで撃って良しカスタムして射撃性能アップも出来る、
そして外見重視のカスタムをしてもこんなに見事な仕上がりです

マルイの懐の深さ、そして無数のカスタムパーツに恵まれる幸せ



『カスタムパーツ』の魅力を改めて感じさせてくれます







メイプルリーフのインナーバレルも入れてみました、
集弾性能を期待してのことですが私のレベルではあんまり差がわかりませーん、あはははっ

メイプルリーフのパッキンと同時装着で差が出るのかもしれません
(未検証ですいません・・・)






ノースイーストさんマルイM&P用のカスタムサイト発売してぇ~~~~~~


  


Posted by Domino251  at 22:44Comments(13)M&P

2018年06月13日

S&W M&P40



S&W M&P40

新世代のS&Wミリタリー&ポリスは9mm、40S&W 357SIG口径で始まり
コンパクトモデルから更に薄くした『シールド』そして45口径のM&P45などなど

そのバリエーションも豊富です


トイガンとしてサイバーガンとWE、
そしてマルイも製品化していますが、基本モデルは9mmのM&P9ですね


以前からWE用のカスタムスライドでM&P40がありましたが、
リアルな外見や質感を求めるとイマイチな部分がありました

私個人的にはノーマルもカスタムフレームもテクスチャーが細かく、
手触りもなんとなく好きになれませんでした(実銃のM&Pは撃ったことないんですけどね・・・


サイバーガンのM&Pが一番リアルであるとカスタム化しましたが、
どこかに『M&Pは40S&W口径がイイなぁ~』という思いがありました



トイガンのM&Pはマルイもカスタムしましたが、当時はリアルフレームも未発売

ノーマルフレームに手を加えましたが、やはりと塗装仕上げは塗装仕上げ・・・


その後にカスタムフレームが発売された時には熱も冷め、
すっかり興味もなくなっていたんですがー

今ではカスタムパーツも増えに増え、ガーダーのカスタムパーツでマルイのM&Pをカスタムすると
私の理想的なトイガンになることを知りパーツを買い揃えました



マグロカスタムと同じで納得が行くまで作動性や外見を求めると、
その労力や予算は天井も終わりもなく、長い道のりなので多少手抜きしましたが完成しましたー





マルイのM&PがカスタムしたサイバーガンのM&Pに負けません


ネビュラというメイカーのカスタムフレームのテクスチャーや精度は素晴らしく、
WE用と比べて荒いテクスチャーと手触りはサイバーガンと似ています


この『M&P40』という刻印のためだけーのカスタムという気もしますが満足であります










ブリーチ(ピストン)もガーダー製でリアルに出来ています

ガーダーではテイクダウンレバーも製品化の予定があるみたいですが、
スライドストップも出して欲しいところです


正直なところ組んだだけでは満足に作動しません(今回も組んだダケー

しかしながらマグロカスタムと同じで「組むだけならば」ほぼポン付けに近いです
(マグロカスタムはヤスリ使いましたがM&Pはヤスリ使ってませ~ん)






ネビュラ製のフレームにはガーダー製のシリアルプレートが必要です(両面テープで貼り付け)





今ではマニュアルセイフティーを取り外して穴を埋めるカスタムパーツも出ています
2種類出ていましたが、私の好みで少し高価ですがアルミ製のボンバーエアソフト製にしました

私個人的な意見ですがマルイのマニュアルセイフティーは必要ありません

シューティングマッチなどで使う方には必需品であると思いますが、
セイフティーレバーを外すことでカスタム代金もその分減ります、あはははー




ネビュラ製はリアル刻印で何も手を加える必要がありません
ガーダー製はこの部分が丸い凹になっているんですねー




マグベースもガーダー製でマルイ純正よりテクスチャーや質感もグッドです






トリガーとマグキャッチもガーダー製
以前にマルイをカスタムした時にはトリガーのダイキャスト部分をセラコートしましたが
現在ではポリマー製のカスタムパーツが出ています

組み立てる時に叩いてしまったので穴が少し傷んでしまいました

組み立てる時には叩かずにピンの先端にシリコンオイルなど塗布して
クランプなど使ってギューッと押し込むほうが良いでしょう、私は失敗しましたーあはははっ





サイトはデトネーター製の10-8タイプ

・・・ノースイースト製のカスタムサイトが出ないかなぁ・・・








カスタムパーツで組むと作動性はマルイ純正のようにはいきませ~ん

観賞用の『ハリボテ』状態という感じです(近頃は面倒臭いが先行しちゃいます、トシですかねー


軽量ブリーチ(ピストン)にノーマル樹脂スライドの作動性は見事で
マルイのM&PはBB弾を撃って遊ぶならば頼もしい相棒になります、
過去にカスタムしたものはサイコーに使いやすく撃ちやすかったです


リアルフレームのみの最低限のカスタムでも十分に満足出来ますが、
今回は少し贅沢してカスタムしてみました(ってか部品を組み替えただけですが・・・

ああー早くガーダーでテイクダウンレバーとスライドストップ発売してくれないかなぁ~~~~
(ノースイーストさんのカスタムサイトも欲しいぃ~~~)








・・・ってカスタムパーツが発売されたころにはM&P40熱も冷めてたりして・・・

過去にリアルフレームを待てなかった私ですからねぇ~

ネビュラのリアルフレームはオススメです
  


Posted by Domino251  at 15:52Comments(13)M&P

2018年06月05日

G-CODE GLOCK19&XC2-A ホルスター



G-CODE INCOG Shadow

グロックにシュアファイアのXC2-Aをマウントしてキャリー出来るホルスター


G19&XC1用をオーダーしているので今回が2度目ですが素晴らしいホルスターです
カイデックス製ホルスターに否定的だった私ですがコレだけは特別

品質、デザイン、価格・・・本当に素晴らしいホルスターです


今回もオーダーして1ヶ月かからずに手元に届きました











以前に購入したXC1用から時間も経っていますが、
それがマイチェンなのか個体差なのか(アメリカ製品ですしねー)
微妙にディティールやカットが違っていたりします

適度なフリクションとガッチリと保持する感触は見事です、素晴らしいホルスターです



私はトイガンを無意味にキャリーするのですが自宅の中や
近所のコンビニへ買い物に行くにもIWBホルスターやショルダーホルスターでキャリー(アホですね)

この組み合わせはナイスです あはははっ








友人がXC2のレプリカを買ったんですが、ソッチはレーザーとライト、両方点灯の切り替えが可能で
実物よりも使い勝手が良いのでビックリしちゃいましたー

実物はレーザーやライトの個別切り替えが出来ません・・・

いずれXC2-Bとかでは出来るようになったりするのかもしれませんね
商売上手なシュア○○イアのことです(私はXC2-Bが発売されても買わないだろうケドー


しかしながらレプリカの宿命というかなんというか調整範囲が狭くアバウトすぎて
エイミングが出来ないと嘆いていましたが、X400レプなんかもそうですが
そこはサスガに実物はバッチリ~
ですが飛距離や弾道がケタ違いのBBガンではそのエイミング距離は固定され
5mにするか10mにするか・・・悩ましいところではあります


なぁ~んてこと書いても私自身はBB弾撃ちませんからカンケーないか・・・




今回、いつものスタークアームズ製ではなく別にG19を調達しましたが、ノースイースト製のサイトは逸品です






マルイG17用のカスタムパーツでデトネーター製に比べて少し高価ですが
白プリント&トリ○ウム系の発光でリアルですし実用的です

コレを使うために今回のG19はマグロベースです

持っていたパーツや新規にパーツを買いましたが、パーツの寄せ集めで
ベースのマグロやKJのG19は買ってません

唯一足りないトリガーバーをトリガーと繋ぐ1本のピンの為に
ガーダー製のリッジトリガーを買いました、マグロはスゴイですねー

カスタムパーツで1丁組みあがります、足りないのはピン1本ダケーーーー




組みましたが無調整で作動はしません、ガチガチで組めましたが
スライド引くのすらアタマの血管が数本切れそうなほどチカラを込めないと動きませーん

しかし、作動しなくてもポン付けで組めちゃうことが驚きです(1本のヤスリすら使ってないのよーー

エ○ジ時代の1911とか過去の話ですが世の中変わりましたねぇ

私もジジィ化が進んできましたが目の衰えがキツイですねーあっはっはっ

調整する気力や根気も無くなりました、ブログも近頃アップが面倒臭いでーす(ウソ






作動しない可愛そうなマグロカスタム




XC1-A用とXC2-A用を並べてみましょう







『何が違うんだコレ』





しかし、コレほどG19に惚れ込むとは・・・好みも変わるもんですねー

初めてグァムに実銃を撃ちに行ったときにはG17は既にあって(90年代)
その初対面の印象はいまだに鮮明で「ナニこのピストル・・・カッコわりぃ~~~~~~」
「こんなのオカネ払って撃つわけないじゃん、あはははっ」と軽蔑してましたね

G19があったとしてもソレは同じで貰ってもイラナイ捨てるよコレ的な印象

現在はそんなGLOCKが大好きです  


Posted by Domino251  at 20:24Comments(4)GLOCKホルスター